ブログ

 
 
つぶつぶをあの人に伝えたい!といった熱い気持ち


知人や家族が冷めていく話し方

 

わくわくしてくれる話し方

 
 

 

こんにちは。今回は、

かつて話下手だった私が、

熱い思いをうまくお伝えできるようになった!

 

体験談を書きました。

 

 

この事は今まで、
多くのお客さんから質問を受けてきました。

 


「旦那や家族、友達がつぶつぶを食べてくれない!」

 


私がつぶつぶに出会った頃

大きな失敗をしてしまいました。

 

 

それは母や兄弟に無理やりにでも

つぶつぶを食べさせようとしたことです。

 

 

家族思いの私は、当時、

つぶつぶで家族の健康を

良くしたい!という思いにとらわれて、

 

ひたすらつぶつぶの良さを伝え、

現代食がいかに危険かにフォーカスを当て、

食事を変えるように無理に説得をしました。

 

 

結果兄はつぶつぶを敬遠し、

弟は絶対雑穀は食べない!

とまで宣言しました。

 

 
何がいけなかったのだろう?

本気で悩みました。

 

 

そしてある時思い出したんです。

 

つぶつぶグランマゆみこに言われた事を。


「相手を変える事にフォーカスを置くのではな
 
 くて、自分が変わる事を楽しめばいいのよ!」

 

 
なるほど!とうなずきました。

 

 

それから、私の行動、

表現は一変しました。

 

 

「つぶつぶ料理が美味しくて、楽しい!

 だから、もっともっと作りたいと思う。」

 

 

「体は痩せて、気持ちが穏やかに

 なってきたみたいだ。健康でスリムな

 体型になれて嬉しい。」

 

 

「レシピは、なんと!

 3000種類以上もあるから、

 どれも作りたくてしょうがない。」

 

 

「たまに友達につぶつぶ料理を

 振る舞うと、もの珍しくて、美味しい!

 と言われるのが嬉しい!」

 


そうです。かつて否定的な言葉と

表現を投げかけていた私は、

 

ポジティブな言葉で、歓びや感動を

表現するように変えていったのです。

 

 

そんなある日、なんと母がつぶつぶ料理を

作り始めたのです。

 

 

さらに、弟がお店に友達と食べに来たのです。

 

 

そうです!

 

まず、私が楽しむ!私が変わる!

 

 

そうすると自然と前向きな言葉、

表情があらわれて、回りの人が

楽しそうだなと思い、

 

気づくと私のやっていることに

興味を持ち始めるのです。

 

 
近所でお祭りをして、賑わい、

わいわいやっているとつい足を運び
たくなるのと一緒です。

 

 

例えば友達をレストランに誘う時には

こんな誘いかたはどうでしょう?

 

 
「最近、面白いレストランを
発見したの!」

 

 

「キビっていう雑穀でカルボナーラを作ったり、

 ヒエっていう雑穀でマルゲリータピッツァを焼いたり」

 


「雑穀を使ったユニークなメニューが売りのお店なの。」

 

 

「食材は有機野菜や伝統調味料といった

 かなりのこだわりでやっているみたい。」

 

 

「野菜を洗う水にも塩素が入ってない

 美味しい水を使うって話よ。」

 

 

「初めての体験だったから、

 最初はあまり期待してなかったけど、

 意外に美味しかったの。」

 

 

「面白いから今度一緒に行ってみよう!」

 

 

こんなふうに言うと、きっと、

多くの人が興味を持ってくれると思います。

 

 

この表現で私の友達の大半はレストランに

足を運んでくれましたから。

 

 

皆様も是非チャレンジしてみてください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

                            

つぶつぶ総店長

池田 義彦

 

“雑穀は体にいいよ!

 

現代食は体に悪いから、

絶対食事をかえるべきだよ”

 

 

ある日、唐突に兄弟に伝えると

 

“はっ?なんだそれ?

 

絶対、食べないぞ!

そんなもん、

持って帰れ!”

 

と半分キレぎみの兄

・・・

 

 

こんにちは。

つぶつぶ総店長 

池田義彦です。

 

10年前

つぶつぶ(雑穀)を食べ始めて、

体が健康、快適になった私は

 

多くの人の食事を変えるべきだ

と思いました。

 

 

だから、

 

“相手の食スタイルを強引にでも変えよう。

食べればそのよさがわかるから”

 

と強く思った事があります。

 

 

ところが

 

結果はさんざんでした…

 

 

“あいつは変な宗教に足を突っ込んだ!”

 

“池田は健康オタクになってしまった。”

 

“絶対!雑穀なんか食べない!”

 

などなど

 

さんざんな結果に終わりました。

 

 

“はぁ〜”

 

かなり落ち込みました。

 

 

つぶつぶ(雑穀)料理を食べ始めて

 

私の体はすごくスリムになり(20kg減量)、

気力・体力もどんどん上がり、

 

メタボ路線から、健康路線に

切り替えることができました。

 

 

しかも、

 

つぶつぶ(雑穀)料理は

美味しいので(当時B級グルメ三昧の

私でも感動しました)、

 

我慢は一切しなくていいんです!

 

 

“美味しく食べて健康になった!?”

 

こんな話、世界中どこ探しても他にはない!

 

 

だから、

 

“世界中の人に実践してもらいたい!

きっと誰もが喜ぶに違いない!

まずは身近な大切な人に知らせなければ。”

 

と責任感みたいなものを感じました。

 

 

でも、

 

“つぶつぶ(雑穀)料理の良さを伝えても、

誰も振り向いてくれない!”

 

 

興味・感心を持ってもらうどころか

 

あきれられ、

 

疑われ、

 

嫌悪感すら感じさせてしまった。

 

 

こんなにもすばらしい

つぶつぶ(雑穀)の良さに

誰も響いてくれない。

 

 

“なぜ?”

 

“なぜ?”

 

正直、へこみました。

 

 

悩みました。

 

 

そして、

 

答えを求めて

伝え方の書籍を

読みあさったりもしました。

 

 

でも、

いっこうに光は見えません。

 

 

自分が最高だ!と思っている事を

身近な人は誰も認めてくれない・・・

 

 

世界一売れているビジネス書籍なら

答えを出してくれるのではないかと

 

100冊以上、大ベストセラー本も

読みあさりました。

 

 

自分で言うのもなんですが、

結構努力しました。

 

 

でも、

 

いまいち納得いく反応は

得られませんでした。

 

 

それから月日がながれ・・・

 

ある日

 

“お前が勧める雑穀食べようと思うんだ。”

 

と友人が言ってくれました。

 

“つぶつぶ(雑穀)料理教室

に参加してみようと思う”

と母が言ってくれました。

 

 

“今度つぶつぶ(雑穀)料理を

彼女に教えて欲しい”

と弟が言い出しました。

 

 

なんで、

こんなにも好転したのか?

 

いったい私に何が起きたのか?

 

 

それは、

天女セミナーに参加して、

気づかされました。

 

 

何かをすすめたいのなら

まずは相手を受け入れる

 

 

知識や情報を詰め込んでもだめだった

私でしたが、、、

 

“スコーン”と入ってきたんです!

 

“こういったことは

本で読んだだけではなかなか

分からないものなんだ”

 

とも感じました。

 

 

とにかく

その日から激変しました。

 

 

気づいた事を実行しました。

 

 

否定的に相手を見ていた事に

気づいた私は、

 

とにかく肯定的に

相手に向き合いました。

 

 

そうしたら、不思議と

私の方が楽になって、

会話が面白いと感じるようになりました。

 

 

人と話すのって

こんなに楽しかったけ?

と思いながら

 

心は踊り

 

楽しい会話ができるようになりました。

 

 

そういった感覚が訪れたとき

相手のほうが

 

望んでいることや

求めていることを

話しだしたのです。

 

 

特に私が何かを促したわけではないのに、、、

 

 

“最近、体調がすぐれないなぁ〜”

 

とか

 

“もう少し痩せたいなぁ〜!”

 

とか

 

 

だから

 

私はごく自然に伝えたのです。

“あ〜、それだったらお勧めの食事あるよ!”

と。

 

 

そうしたら、なんと!

 

相手が、雑穀に興味や関心を

持ち始めてくれたのです。

 

 

初めは何がおきたのか

よくわからなかったです!?

 

 

でも、

 

すぐ腑に落ちました。

 

 

あ〜 そういえば天女セミナーで

 

“相手は私の鏡だから

すべてを映し出してくれる”

 

とも言っていたな

 

なるほど!

 

以前は、

相手の食生活を否定的な目で捉え、

 

“それじゃぁ〜ダメだ!”

 

といった攻撃的な態度でした。

 

 

だから、

 

相手は私の話に否定的・

攻撃的態度をとっていたんだ!?

 

相手を受け入れて、

肯定的な態度だと、

 

相手も私の話に素直な態度で

聞き入れてくれるんだなぁ〜!!!

 

 

まさに!そうだ!

 

人と話すのが前より

楽しくなってきました。

 

 

“相手が私を受け入れてくれる!”

 

“うひょ〜〜〜〜”

 

会う人、会う人に

話かけたくなりました。

 

 

人間関係って面白い!!!

 

スキップしたくて

しかたなくなりました。

 

 

人と人が向き合った時

相手を受け入れる

ところからスタートしたら、

 

笑顔がどんどん溢れる!!!

 

おかげさまで

そんな大切な事を

気づかせてもらいました。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

つぶつぶ総店長
池田義彦

 

 

こんにちは、
つぶつぶ総店長 池田 義彦 です。

 

 

秋アウトドア好きな私は海、

山、川どこに行くか考えるのが

楽しみでしかたありません。

 

 

中でも食事は何にするか
私にとって、かなりの重要ポイントです。

 

 

今日はつぶつぶ雑穀料理がアウトドアを
大自然とハモりながら、いかに盛り上げるか

についてのお話です。

 

 

12年前までは、アウトドアには
肉・魚介・チーズは当たりまえだと

思っていました。

 

 

時にカップラーメン、サラミ、
チーカマ、コンビニパスタ、ビール

そんなメニューで海、山、川のレジャーを楽しみました。

 

 

仲間とワイワイやり、

それなりに楽しかったです。

 

 

でも、後味が何かすっきりしない
感覚も覚えていたのです。

 

 

なにか、
体がモワッとした感じで、
ちょっとした不快感です。

 

 

飲みすぎたか?

 

食べすぎたか?

 

はしゃぎすぎたか?

 

そんな風に思って、
特に、そこまで気にはしていませんでした。

 

 

でも、その正体が未来食セミナー
https://www.tubutubu-seminar.jp
を受講してはっきりしたのです。

 

 

レジャーに行き、大自然に身を任せ、
カラダの細胞は気持ちよく高ぶり、
開放感に満ち溢れます。

 

 

そんなカラダも喜ぶ好環境にもかかわらず、
食べるものは肉や魚、化学調味料、
添加物だらけの加工品

 


そう!
その場所と食事のギャップに

体はびっくりしたのです。

 

 

きっと、カラダは悲鳴をあげて、
モワッとした違和感で私に訴えかけたのです。

 

 

その事に気付いた後、レジャーでの食べ物を
大自然のルールに沿った
つぶつぶ雑穀料理に切り替えました。

 

 

舌にも、カラダにも
美味しいつぶつぶ雑穀料理を
一口食べた時正直、びっくりしました。

 

 

ワインで例えるならば、
まさしく、大自然の空気、光、水、素晴らしい景色と
つぶつぶは最高にマリアージュするのです。

 

 

こんなにも私が自然と溶け込み
最高の気分を味わったことは

今までにありませんでした。

 

 

レジャーに対する価値観が一変しました。

 

 

かつて、山頂に辿り着いた時、

せっかくの素晴らしい景色、

 

澄み切った清らかな空気、の中で、
私はインスタントラーメンを食べていました。

 

 

今思えばもったいなかった!

 

 

でも、今は山頂に辿り着く醍醐味が
増えた喜びでいっぱいです。

 

 

かなり、おすすめですよ。

 

 

さあ、みなさん!

今年の秋は大自然とつぶつぶのマリアージュ
どうぞお楽しみください。

 

 



こんばんは、
つぶつぶ総店長の池田です。

 

つぶつぶグランマゆみこに教わった

子育て術実践中です。

 

“3,4歳になったら子供達は料理をし始めるのよ!”

と初めて聞いた時は、正直、信じられませんでした。

 

 

でも、それは事実でした。

 


我が娘がすごいことになっています。

 

まっ、まさか、

4歳で揚げ物をやるとは!?

 

 

2歳がパン粉付けをやるとは!?

 

 

その衝撃の映像を1分半の

ショートムービーでまとめました。

https://www.youtube.com/watch?v=mRShqzMWRZI

 

 

さて、以前メルマガで紹介しました、

私が今までつぶつぶ料理をおすすめした人達に

 

 

“今すぐは始めたくない!”

と言われたときの理由ベスト4を

もう一度紹介ます。

 

 

(あくまで、私が話した人達の中で聞いた言葉です。)

 

1. 材料が高い

 

2. 作る時間がない

 

3. 肉や魚が食べたい

 

4. 料理が難しそう

 

“1. 材料が高い ” 

http://www.b-tubutubu.com/blog/98-2016-07-13-03-33-46/337-2016-07-09-11-28-00.html

 

“2. 作る時間がない ” 

http://www.b-tubutubu.com/blog/98-2016-07-13-03-33-46/339-2016-07-11-02-44-52.html

 

については以前のメルマガでお話しました。

 

 

 

今日は、

 

“3. 肉や魚が食べたい ”

 

についてです。

 

 

かつて、
つぶつぶ雑穀料理を食べ始めて
体調が劇的によくなった私でしたが、

 

 

実は、
“肉や魚が食べたい!”
と言う欲求が時々起こっていたのです。

 

 

正直、悩みました。

 

 

つぶつぶを食べると、健康になり、
心も前向きになりました。

 

 

生涯元気に快適に生きていける自信も
溢れだしたのに、どうしても、

肉や魚に対する欲求が出てくるのです。

 

 

我慢はあまり好きではないので、
食べたい時は食べました。

 

 

でも、
クリーンで健康なボディーを手に入れた
私には、やはり、ダメージがあったのです。

 

 

腸の調子が悪くなったり、
だるくなったり、眠かったり、
マイナスな状態になりました。

 

(肉食獣だった時はそういったことに鈍感でした。)

 

 

だから、お肉や、魚を食べると
生涯元気ハツラツに生きていけない!

 

 

ということは身をもって感じることができました。

 

 

そんな私だったのです。

 

 

でも、
どうしても、お肉やお魚が
食べたくなるのです。

 

 

まあ、時々だし、
完全菜食する必要もない!

 

 

“雑穀料理を主体に食べていたら問題ないだろう!”
と最終的には開き直りました。

 


しかし、ある日
びっくりすることが起きたのです。

 

 

ふと、ラーメンが食べたくなり
ラーメン屋の扉を開けたとき、

 

“うっ!くさい!”と感じて、

食べるのをやめ、
そのお店を立ち去ったのです。

 

 

肉食獣、ジャンク好きだった私が
そんなデリケートな嗅覚を持つようになったのです。

 

 

つぶつぶを初めて3年くらい経った頃のことです。

 

 

そのあたりくらいから、
時々食べたくなっていた

 

ハンバーガー、お寿司、

カップラーメン、チーズ、

 

などなど欲っしなくなったのです。

 

 

結果的に私はまったく、

我慢をしなかったのに、

 

気づくと、体は整い、
お肉や魚を食べたいという欲求が

消えていったのです。

 

 

あんなに、大好きだった
お肉やお魚だったので、

 

まさか、私の食べたい欲求が
消えてなくなる日がくるなんて、
本当に信じられませんでした。

 

 

改めて、つぶつぶ雑穀の浄化力を
見直した瞬間でした。

 

 

今日の話をまとめると
お肉や魚を食べたい欲求を

気にする必要はないのです。

 

 

つぶつぶ雑穀を主体に楽しい食生活をしていると、
自然とその欲求が消えていくのです。

 

 

そして、
体は清らかで、気持ちがよく、
最高な気分になります。

 

 

この気持ちの良さはお肉や魚を食べたいだけ

食べていた時の気持ち良さとは
比較にならないほど大きなものです。

 

 

是非、試してくださいね。

 

 

最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。* * *

 

 

次回は“ 4. つぶつぶ料理は難しい ”についてです。                      

 

 

つぶつぶ総店長
池田義彦

 

こんにちは、
つぶつぶ総店長の池田です。

 

 

私が今まで、つぶつぶ料理を

おすすめしている中で、

 

「今すぐは始めたくない!」

 

と言っていた方達の、

その理由ベスト4をまとめてみました。

(あくまで今まで私が話した人達の中で聞いた言葉です。)

 

 

1.材料が高い

 

2.作る時間がない

 

3.肉や魚が食べたい

 

4.料理が難しそう

 

前回は“1.材料が高い”

について書きました。

 http://www.b-tubutubu.com/blog/337-2016-07-09-11-28-00.html

 

 

今回は“2.作る時間がない”について

お話します。

 

 

まず最初に、我が家の調理時間を

まとめてみました。

 

 

昼 34分

 

夜 34分

 

※妻と私はお昼は

 まかないを食べているので、
 休日の日を参考に計算してみました。

 

 

1日平均 1時間8分
(炊いている時間、煮ている時間は入れず、調理時間のみ。)

でした。

 

 

実際、アンケート調査では

1日の平均調理時間は1時間22分だと言うことです。

(トレンダーズ株式会社調査による)

 

 

内訳は朝 15分 

 

昼 16分 

 

夜 51分ということです。

 

 

なので、

“つぶつぶクッキングは短時間料理なのです。”

 

 

しかも、完全手料理です。

 

 

今回、その理由を考えて

いきたいと思います。

 

 

それでは、まず、

我が家の先週の調理時間(1食あたり)の

内訳を発表します。

 

 

雑穀ご飯 3分
お味噌汁 5分
漬物   1分 小梅、柴漬け、沢庵などを切って出す。

 

 

雑穀料理 月 もちキビミモザソテー      20分
     火 高キビの味噌じゃが       10分
     水 高野豆腐と玉ねぎのもちキビとじ 15分
     木 高キビメンチカツ        15分
     金 キビ玉カルボナーラ       12分
     土 キビ玉キツネ丼         10分

 

※月曜日にもちキビはまとめて炊きます。
※火曜日に木曜日分の味噌ジャガも

 まとめて完成させます。

 

野菜料理 月 キャベツの塩もみ            5分
     火 山菜のてんぷら           15分
     水 カブの梅ネギ和え                          7分
     木 車麩ゴボウ             15分
     金 ヒジキマリネサラダ       10分
     土 車麩ゴボウのカツ        15分

 

※木曜日に車麩ゴボウのカツの

 具をまとめて作ります。

 

 曜日ごとに合計すると

 

     月 34分
     火 34分
     水 31分
     木 39分
     金 31分
     土 34分調理平均時間は約34分(一食あたり)でした。

 

 

なぜ?完全手料理で
こんなに短い時間で料理ができるのか?

 

 

その理由を私なりに考えて、

 

3つに絞ってみました。

 

 

理由1  1日2食(1食分調理時間カット)

 

理由2  雑穀ごはんだけで完全栄養のため
      レパートリーを増やす必要がない!
    (上記では2品書きましたが、実際1品でも十分です。
    究極おかずが無くても、元気はつらつに暮らせます。)

 

理由3  シンプルに素材の味を最大限に引き出す
    クッキングがつぶつぶの基本
    (その数3,000種類以上!)

 

 

調理時間短縮の他にも

 

○買い物の時間も驚くほど短くすみます。

○ 洗い物の時間も短縮されます。

○ キッチンやダイニングルームに

 臭いがつきにくいなどなどメリットは

 まだまだたくさんあるのです。

 

 

ただ、確かにつぶつぶ料理は

シンプルで短時間で作れるのが特徴ですが、
(もちろん時間のかかる本格レシピも充実しています。)

 

さすがにつぶつぶ料理に

慣れてない人が始めれば、
最初は時間がかかります。

 

 

思い出してください。

 

 

あんなに簡単な目玉焼きを作るのにも
最初は、時間も手間もかかったはずなのです。

 

 

だから、つぶつぶ料理も
まずは慣れることが必要です。

 

 

馴染んでもらうことが大切なんです。

 

 

でも、もし、マスターすれば、
将来、調理時間は短縮される上に

料理が美味しくなります。

 

 

そして、なにより体が快適で、
健康になるのです。

 

 

私は妻と共働きです。

 

 

娘(3歳、5歳)の送り迎えを担当し、
夜ご飯の準備を担当しています。

 

 

でも、無理なく、楽しく、

そして、美味しく、生活できています。

 

 

これは、つぶつぶ料理だからこそ

だと思っています。

 

 

つぶつぶ料理は本当におすすめですよ。

 

 

最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。*   * *
 


つぶつぶ総店長
池田義彦