ハゲ始めた髪が復活!【Vol.3】

 

空はどんより雲におおい隠され、

今にも雨が降りそうな

ある冬の夕方

 

一滴の雫が空から降ってきて

私の頭のてっぺんに落ちてきました。

 

 

”冷たい!”

 

思わず両手で頭を覆おうと

腕をあげたその時

 

”ぞっ!”

 

と背筋に悪寒が走ったのです。

 

 

”えっ!?”

髪の毛が少なくなっている。

 

 

”もしかして、ハゲ始めているのか?”

・・・・

 

 

こんにちは。

つぶつぶ総店長 池田 義彦です。

 

 

最近、未来食セミナーScene1を再受講しました。

 

 

数年ぶりにあらためて参加すると

つぶつぶが伝えている食べ方と生き方の根本がより深まって、

体と心がさらに軽くなりました。

 

 

再受講お勧めです。

※今【未来食セミナーScene1再受講キャンペーン】を開催中!
http://www.tsubutsubu.jp/news/?id=247

 

さて、

 

実は私

つぶつぶに出会う12年前(当時24歳)

すごい恐怖を味わいました。

 

 

そう!

ハゲ始たのです。

 

 

どうしよう?

とバタバタしました。、

 

植毛は一本いくらするものか?

調べました。

 

 

1本 260円

 

”ほっ”

”思ったほど高くないな”

・・・・・

 

と思ったのもつかの間

 

 

”え!? でも何本くらい必要なんだろう?”

さらに調べると・・・

 

 

なんと

4000本!!!

 

 

ってことは

トータル 100万円越え!?

 

 

とりあえず、

即薬局に行って

育毛剤を買いました。

 

 

頭皮トレーニングも開始しました。

 

 

シャンプーも厳選して、

髪が生えそうな奴をチョイスしました。

 

 

とにかく育毛のために

努力に努力を重ねました。

 

 

髪型でとりあえず

ハゲ始めの部分が目立たない

ように配慮しました。

 

 

しかし、

とうとう友人から言われてしまったのです。

 

 

“池田は頭ハゲてきているね!”

 

“が~ん”

 

“まだ、初期だからなんとかなる!

とりあえず髪型でカバーしよう!”

 

とにかく必死でした。

 

 

ある時

 

そんな私に

幸運が訪れたのです。

 

 

それは、

 

つぶつぶ(雑穀)料理を

食べる機会を得たことです。

 

 

一口食べた時

今までに食べた事のない

美味しさに感激し、

 

興味が噴水のように、

心の底から噴き出しました。

 

 

もっと知りたい!といった欲求の赴くままに

未来食セミナーを受講したのです。

 

 

参加して思いました。

 

 

“あっ!これなら髪も元に戻るかも”

 

 

以前、

私は髪の毛を元に戻すために

外部から治そうと、

 

液体をかけたり、

 

マッサージしたり、

 

考え方の視点が頭部にしかなかったのです。

 

 

しかし、

 

受講して

価値観が180度ひっくり返りました。

 

 

大切なのは体の中だという事に気づきました。

 

 

根幹を生き返らせる必要がある。

 

 

そのためには生命のルールに

あった本物の食事が欠かせない。

 

 

そんな事に気付かされました。

 

 

“体の中を整え、生命力が高まれば、

蘇生力はアップする”

 

そう素直に思えました。

 

 

さらに、

 

考え方も重要だと知りました。

 

 

不安や恐れをまとわらせないこと!

前向きに心ワクワク暮らす。

 

そうすれば、細胞も生き生き若返る。

 

 

“あとはつぶつぶ(雑穀)を信頼して

喜んで食べるだけだ!”

 

“もう頭のことは気にしない!”

 

数ヶ月後・・・

 

”池田さん、髪質良くなってますけど

シャンプー変えました?”

 

 

(つぶつぶを実践し始めてからは、

シャンプーは使わずお湯だけで洗っ

ています。)

 

と美容師さんに聞かれるほど髪質が良くなり、

髪はフッサフサになりました。

 

 

(美容師さんにも雑穀をすすめたら、
私の髪質の変化に驚いて即買って食

べてくれています。)

 

 

未来食セミナーで伝えている

食べ方と生き方の大切さ、

身を以て、深く実感しました。

 

 

それと同時に、

 

快適な体を手に入れられたことに

感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

つぶつぶ総店長
池田義彦