肉食獣だった私が、なぜつぶつぶベジタリアンになったのか?【Vol.1】

こんにちは。

つぶつぶ総店長池田義彦です。

 

かつて

私は

ばりばりの

肉食獣でした。

 

チャーシューメン、焼き肉、牛丼、ステーキ、

ハンバーグ、餃子などなど

大好物で、

 

1食たいらげると体重が3kg

増えるくらい

がつがつ食べていました。

 

自称、フードファイターを名乗り

ラーメン4杯食べたらただ!

牛丼6杯食べたらただ!

カレー1.5kg食べたらただ!

・・・・・・

 

数々の大食い記録をもち、誇りに思っていました。

 

コンビニ弁当を毎日食べ

お味噌汁変わりにカップラーメン

缶コーヒー、缶ジュースも

毎日4本以上飲んでいました。

 

身長は172センチ

体重は78kgでした。

 

不健康、メタボ路線

まっしぐらな生活でした。

 

そんなある日。。。

とある友人に「ベジタリアンがいいよ!」

と言われました。

 

それを聞いた時

正直、もしかしたら

こいつは怪しい宗教かなにかに洗脳されたな!

と本気で思いました。

 

とにかく早くこいつを

助けなければ!と正義感が沸き起こり、

当時知っていたありとあらゆる

栄養学の知識を振りかざしたのを覚えています。

 

いかに

お肉を食べることが大切かを

一生懸命、一心不乱に伝えました。

 

そのくらい

当時は

肉食獣な暮らしに浸っていました。

 

それほど

どうしようもないくらい

お肉が好きで

やめられなかったんです。

 

でも・・・

 

なぜ?

 

そんな私が

つぶつぶ(雑穀)ベジタリアンに

変化していったのか!?

 

変化できた一番の理由は

 

 

“つぶつぶ料理はうまい!”

 

 

初めて食べた時の

第一印象がこれでした。

 

 

そして、次に

“短期間で痩せて、健康になっている私の体に感動した!”

 

 

この2つの理由こそ

継続しつづけ、

よい変化をとげたなによりの理由です。

 

 

そもそも

最初につぶつぶ(雑穀)を食べようと思ったきっけは

 

 

ずばり

“興味本位!”です。

 

 

肉が無くては生きてはいけない!

固く信じていた私でした。

 

 

だから

そう簡単には

食生活は変えようとは思わなかったんです。

 

 

そんな私が

当時

すごく

響いた言葉が

 

 

“生涯一度くらいは

お坊さんになってみよう!”

 

 

でした。

 

 

そういう発想

に響くタイプでした。

 

 

お肉や魚をたべない!

 

 

お坊さんのように食生活をちょっとの間変えたら

悟りをひらく体験ができるかもしれない!

 

 

今まで体験したことのない不思議な感覚を味わえる

かもしれない!

 

 

そう思ったら、

面白そうだな

と思えたんです。

 

 

ばりばりの体育会系でしたので、

一度決断すると肉を欲しても食べない!

徹底するタイプでした。

(もちろん、期間限定で)

 

 

それに、1週間くらい肉をたべなくても

死ぬことはないよねとも思えたので、

この世界に足を踏み入れる決意ができました。

 

 
つぶつぶ総店長
池田義彦