35年間ありかとうこさいました

店舗アクセス

ご予約はこちら

TUBUTUBUロゴ

ブログ

おすすめ情報!

7月21日(金)18:30〜

真木千秋(真木テキスタイル) × 大谷ゆみこ スペシャルトークライブ

http://bit.ly/2sO1apH

 

 

 

From:池田義彦

山形県小国町の自宅より、、、

 

花火

花火(去年の夏のオープンハウス) 

 

 

 

14年前の夏、突然エコロジーに目覚めました。

 

 

極力買い物袋は使わないように、

使い捨てはやめよう、、、など

生活を一変させようと必死でした。

 

 

大自然の大切さを描いたドキュメンタリー映画

をみたのがきっかけです。

 

 

美しい風景、神秘的な大自然を見ているうちに

『地球に優しい事をしよう!もうこれ以上破壊はしない!』

と思ったのです。

 

 

その一方、当時、アメリカ留学を企て、

資金をすごい勢いで貯めていました。

 

 

引越屋、工事現場での肉体労働、

警備員などなど掛け持ちをして働いたんです。

 

 

そのせいで、僕の職場仲間は、焼肉大好き、

レジャー大好き、騒ぐこと大好きのガテン系男子ばかり。

もちろん、僕もその一人でした。

 

 

そんな僕が、突然、エコライフを語り、

実践し始めたのです。

 

 

車より、自転車。

 

 

エスカレーターには乗らずに、階段を登る。

 

 

水筒や箸を常にカバンに入れ、割り箸は使わず、

自動販売機にも頼りませんでした。

 

 

野菜も家庭菜園で育て始めました。

ある日突然、すっかり様変わりした僕に、

ガテン仲間はみんな白い目で、

『あいつは変な宗教にはまってしまった、、、』

と煙たがるような視線を向けてきたのです。

 

 

でも、興味、関心は増していき、

環境団体に所属し、勉強会にも頻繁に顔を出しました。

 

 

気づくと、地球の裏側に位置するエクアドルまで、

飛行機で24時間かけて行き、原住民の方との生活を体感し、

持続可能な社会とは何かを考えました。

 

 

鉱山開発の現場も目の当たりにして、

やるせない気持ちになりました。

 

 

お金は使わない!

 

物を増やさない!

 

ゴミは捨てない!

 

僕の活動はどんどんエスカレートしていきました。

 

 

ガテン系仲間とワイワイ、楽しんでいた頃の僕は

比較的前向きで明るい性格でした。

 

 

でも、いつしか人格が少しづつ変わり、

自虐的、批判的になっていったのです。

 

 

「日本の企業はダメだ!」

 

「自分の生活スタイルはダメだ!」

 

「あいつはエコじゃない!」

 

目を吊り上げて、攻撃的になってしまったのです。

 

 

『地球のために、私はいいことをしている!』

 

そのことだけをただひたすら思って活動していました。

 

 

そんな風に、すっかりと様変わりしてしまった僕の人生を

180度ひっくり返してくれたのが、

つぶつぶグランマゆみことの出会いでした。

 

 

彼女は

『自分自身の体内環境を整え、心がキラキラ輝き出せば、

 地球が喜ぶ社会になるよ!』

と言ったのです。

 

 

かなりのショックを受けました。

 

 

だって、今まで、僕は外に対しての問題ばかりに

フォーカスをしていたのです。

 

 

自分のことはそっちのけでした。

 

 

だから、怒りや不安だけが膨らんで、

人を攻めるようになってしまいました。

 

 

それでも、『それが、善だ!』

と思い込んで前に進んでいたのです。

 

 

つぶつぶグランマゆみこの話を聞いて

『はっ!』としました。

 

 

「もしかして、戦争も同じなんじゃないか?」

 

「各々の国は善だと思って戦っているのではないか?」

 

「悪いことをしていると思いながら戦っている国は少ないのでは?』

 

「今の僕の行動、考え方はまさに、

 善を掲げた戦いだったのでは?」

 

 

確かに、たとえいい事を言っている人でも、

攻撃的な態度や言葉を発していたら近づきたくない。

 

 

そして、そんな人に怒りすら感じる時もある。

 

 

それでやっと目が覚めました。

 

『究極のエコロジーは自分自身を輝かせること!』

 

なんだと、、、

 

 

戦うのではなく、輝く自分を楽しむこと、、、

そうすると、人はどんどん寄ってきて、笑顔が溢れる。

 

 

僕も幸せだし、相手も幸せになれるのです。

 

 

これだ!と思いました。

 

 

そんな風に心が入れ替わった時、

かつて、僕に白い目を向けていた友人が

僕に近づいてきてくれるようになりました。

 

 

そして、話に興味を持ってくれるようになりました。

 

 

今、本当に毎日が幸せでいっぱいです。

 

 

つぶつぶの面白さ、喜び、楽しさを発信していくこと、

それが僕ができるエコ活動だと思っています。

 

 

つぶつぶ

池田義彦

 

 

PS 

 

2017夏のオープンハウス お申込受付スタートしました!

 

大自然の中で、心と体を解き放とう!

いのちのアトリエでの生活を丸ごと楽しむ、

つぶつぶ三昧の5日間。

 

 

 

いのちのアトリエのテーマは

「暮らしのなかで、遊んで生きて、学んで働く」

 

 

夏のオープンハウスでは、流しそうめん、川でのバーベキュー、

すいか割り、など思いっきり体を動かして。

 

 

大人も子どもも、大自然の中で心と体を解放して思い切り楽しもう!

 

一緒に最高の時を刻みましょう!

 

・・・・・・・・・・・・・

日時:8月11日(金)〜15日(火) 4泊5日!

参加費:大人 88,800円 / 15歳以下 48,000円 /

幼児(1歳) 36,000円 / 乳児(0歳) 28,000円


参加資格:つぶつぶの会員とその家族(同時登録可)、

全日程参加できる方
*お仕事の関係等で参加が確実でない場合、

正式なお申し込みの方を優先にしますのでご了承ください。

お申し込みはメールでお知らせください。

 

MAIL このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

会場:山形・小国 いのちのアトリエ > 会場詳細 

あっという間に埋まってしまうのでお早めにお申し込みくださいね。


・・・・・・・・・・・・・

 

【お申込みの前に必ずご確認ください】※部屋は、

男女別の相部屋になります。※JR小国駅より送迎あり。

 

お申込みいただいた方に詳しい地図をご案内します。

※オープンハウスは、毎回、お申込が集中します。

より多くの方に参加いただくため、お申込み後のキャンセルはご遠慮ください。

万一、キャンセルとなった場合は下記のとおりキャンセル料を申し受けます。

予めご了承ください。

 

〜2週間前 参加費の20%
〜4日前  参加費の50%
3日前以降 参加費の100%

 

・・・・・・・・・・・・・

 

問:つぶつぶオフィス
TEL 03-3203-2090 / FAX 03-3203-2091 /MAIL  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

PPS

 
池田総店長の「つぶとBoku」(メルマガ)では
 
・楽チン子育ての秘密
・つぶつぶ料理術
・スリムで快適ボディーの秘訣
・耕す暮らし大公開
・夫婦関係について
などをテーマにお届けしています。
 
特典
・未来食カフェレストラン TUBU TUBU(東京都早稲田)で使える
 クーポンを定期配布
・初回登録時に
【夫と子供たちが喜んで食べるベジタリアン料理の秘訣】
をプレゼント(全8回・メールで配信・レシピ付き)
 
↓ ↓ ↓
 
 
 

 

 

 

From:池田義彦

山形県小国町の自宅より、、、

 

朴葉

(いのちのアトリエの朴の葉) 

 

 

先日、町の運動場で砂埃をあげながら

夢中でサッカーをやっている少年を見かけました。

 

 

 

懐かしい気持ちが沸き起こり、しばらく彼らの

有志を見学していると、ふと、不思議に思うことが

起きたのです。

 

 

 

それは休憩中の出来事でした。

 

 

 

息を切らせながら、必死で甘いドリンク

を飲んでいました。

 

 

そこに違和感を覚えたんです。

 

 

もしかしたら、あなたは「それって普通でしょ!」

って思うかもしれません。

 

 

でも、考えてみてください。

 

 

運動するとたっぷりの汗が出ますよね。

 

 

そして、それらはしょっぱいです。

 

 

だから、水分補給したくなるのはわかるんですが、、、

なぜ、塩分補給じゃなく、糖分補給をしているのだろう?

と疑問に思ったんです。

 

 

もちろん、僕も小さい頃、運動した後は必死に、

甘いドリンクを好き好んでガブガブ飲んでいました。

 

 

でも、そこには実は大きなワナが隠されていたんです。

 

 

それは、甘い物は沢山飲めてしまうということです。

 

 

だから、実は運動後必要以上に飲み過ぎてしまうんです。

 

 

なんでも過剰摂取は体には良くないですよね?

 

 

例えば、お酒なんかも好きな人は飲み過ぎちゃうけど、

それで、次の日調子悪いとか、体壊す人いますよね?

 

 

だから、運動後にオススメなのは「梅酢水!」

 

 

お水に少し梅酢を入れた飲物です。

 

 

本当は体は塩分を求めているし、

しょっぱいものって飲みすぎることって難しいですよね?

 

 

甘いものばかり飲んでいた人にとっては

「えっ!?」と思うかもしれません。

 

 

でも、やってみると、体に馴染むし、

疲労感の抜けも甘い飲物に比べると雲泥の差が

あります。

 

 

何より虫歯になりにくいですからね。

 

 

 

ちなみに、我が家の娘達は最初から梅酢水を飲んでいるので、

逆に、甘い飲み物に魅力を感じないと言っています。

 

 

 

つぶつぶ

池田義彦

 

 

 

PS

 
池田総店長の「つぶとBoku」(メルマガ)では
 
・楽チン子育ての秘密
・つぶつぶ料理術
・スリムで快適ボディーの秘訣
・耕す暮らし大公開
・夫婦関係について
などをテーマにお届けしています。
 
特典
・未来食カフェレストラン TUBU TUBU(東京都早稲田)で使える
 クーポンを定期配布
・初回登録時に
【夫と子供たちが喜んで食べるベジタリアン料理の秘訣】
をプレゼント(全8回・メールで配信・レシピ付き)
 
↓ ↓ ↓
 
 
 

 

 

 

From:池田義彦

山形県小国町の自宅より、、、

 

バラ

(福島県川俣町の石垣に咲いていた花) 

 




梅雨が明けるとすぐ、暑い夏がやってきます。



アウトドア好きな僕としては
海、山、川どこに行くか
考えるのが楽しみでしかたありません。




レジャーと言えば、ビールと食事
メニューは何にするかは僕にとって、
かなり重要なポイントです。



そこで、今日はつぶつぶ雑穀料理が
大自然でのアウトドアをいかに盛り上げて
くれるのかについてのお話です。



14年前までは、アウトドアには
肉・魚介・チーズは当たりまえだと思っていました。



時にカップラーメン、サラミ、
チーカマ、コンビニパスタ、ビール、、、



そんなメニューで海、山、川

のレジャーを楽しみました。



仲間とワイワイやり、
それなりに楽しい時間を過ごしました。



でも、なんだか後味がすっきりしない
感覚を毎回抱いていたのを今でも覚えています。



なにか、体がモワッとした感じで、
ちょっとした不快感です。



飲みすぎたか?
食べすぎたか?
はしゃぎすぎたか?



そんな風に思って、
当時、そこまで気にはしていませんでした。



でも、

つぶつぶ雑穀料理を食べ始めて、
その原因がはっきりわかったんです。



レジャーに行き、大自然に身を任せ、
カラダの細胞は気持ちよく高ぶり、
開放感に満ち溢れます。



そんなカラダも喜ぶ好環境にもかかわらず、
食べるものは肉や魚、化学調味料、
添加物だらけの加工品



そうです!


その場所と食事のギャップに
体はびっくりしたのです。



きっと、カラダは悲鳴をあげて、
モワッとした違和感で私に訴えかけたのです。



レジャーでの食べ物を自然界のルールに沿った
つぶつぶ雑穀料理に切り替え、それを口にしました。



正直、びっくりしました。



ワインで例えるならば、まさしく、
大自然の空気、光、水、素晴らしい景色と
つぶつぶは最高にマリアージュするのです。



体中の細胞一つ一つが歓声をあげて、
喜び、はしゃいでいるのを感じました。



深い、感動を味わった瞬間です。



こんなにも自然と溶け込み、最高の気分を
味わったことは今までにありませんでした。



レジャーに対する価値観が一変しました。



かつて、山頂に辿り着いた時、、、


素晴らしい景色、澄み切った清らかな空気の中で、
私はインスタントラーメンを食べていました。



今思えば


「もったいなかった!」



でも、今は山頂に辿り着く醍醐味が
増えた喜びでいっぱいです。



つぶつぶレジャーかなりおすすめです。



今年の夏は大自然とつぶつぶのマリアージュ
をどうぞお楽しみください。



池田 義彦

 

PS

 
池田総店長の「つぶとBoku」(メルマガ)では
 
・楽チン子育ての秘密
・つぶつぶ料理術
・スリムで快適ボディーの秘訣
・耕す暮らし大公開
・夫婦関係について
などをテーマにお届けしています。
 
特典
・未来食カフェレストラン TUBU TUBU(東京都早稲田)で使える
 クーポンを定期配布
・初回登録時に
【夫と子供たちが喜んで食べるベジタリアン料理の秘訣】
をプレゼント(全8回・メールで配信・レシピ付き)
 
↓ ↓ ↓
 
 
 

 

 

 

From:池田義彦

山形県小国町の自宅より、、、

 

シロツメクサ

(シロツメクサ一小国町大石沢) 

 

 

※いつも通り普通に食事をしていたと思っていたのに・・・


“なぜ?黙っているの?”

と突然怒りはじめた妻。


“・・・・”

びっくりしたけど、

事を膨らませたくないからと冷静さを装い黙り込む僕。


“なぜ?妻が突然怒り出したのか

 思い浮かぶことがまったくない。
 彼女はおかしくなってしまったのではないか?”

と心の中で思いました。


そんな疑問を抱けば抱くほどに私の表情は曇り、
それによって妻の怒りはどんどん膨らみ、
私も怒りが込み上げてきて

”なに怒ってんだよ!”

と怒鳴り声で妻にぶつけ始める・・・



*   * *



こんばんは。
つぶつぶの池田義彦です。


冒頭でのシーン...
思い当たることありませんか?


当時は、妻がなぜ怒り始めるのかがまったく理解できませんでした。

(妻も、私に対して理解不能だったところが
 多々あったと言っていました。)


ケンカも日に日にひどくなり、
そんな家庭環境にいた娘は笑わなくなり、
いつしか無表情の時が増えてきたのです。



なぜ、そんな事態になってしまったのか?


頭をかきむしりました。


家に帰るのが嫌になった時もありました。


どうすれば妻とうまくコミュニケーションが
とれるようになるのか?



かつて、
友人の結婚式に6回参加しました。

その内3組はものの3、4年で別れてしまったのです。
(離婚率50%)


その時は

“おいおい、なんでそんなにすぐ別れるんだ?
 俺は絶対そんなことはしない!”

と強く思っていました。


でも・・・・・


まさか、我が家にもそんな危機が訪れるとは
夢にも思っていませんでした。


そんな夫婦でしたが


時はながれ・・・

今は信じられないほどお互いを信頼し、
楽しく暮らしています。



変化の秘密は一言で言うと、

お互いのいいところを、以前に増して発見しあえる
ようになったことです。


さらに、お互い感謝できるところをいっぱい発見する
ことができるようになったからです。


以前からそうしたかった気持ちはありました。


でも、実際にそう簡単にはうまくいきません。


そんなに冷静にはなれないのです。


なんとか解決策を求め、研究熱心だった私は
たくさんの本を読み漁りました。


しかし、うまくいったことは一度もなかったです。


こういうことは知識だけで解決することは
“正直、難しい!”と思いました。



私が変化できた理由は天女セミナーに参加したからです。


つぶつぶグランマゆみこのエネルギー、

場の雰囲気、音、映像、心に響く言葉、多くの参加者・・・


多くの要素が私を一変させました。
(今までに味わったことのない体験でした。)


ワークも毎日実践しました。


そうしているうちに

少しずつ自分自信を信頼することができるようになってきました。


さらに、
妻のいいところが自然と見えるようになってきたのです。


そして、なんと、妻に感謝できるところが一杯ある!
とさえ思えるようになったのです。


変化は続き、家族に温かさが戻りはじめました。


なにより嬉しかったのは

娘が満面の笑顔を振舞う、
ムードメーカーに様変わりしたことです。


相手のことを知識やテクニックでいくら
いいように思おう、思おうとしても
一時はうまくいくかもしれませんが、
根本解決にはならないのだと痛感しました。


“相手のいいところが自然と見えてくる心が
 私にあったんだ”

と喜びの発見をしました。


妻との関係だけじゃなく、友人関係や
兄弟の関係もよりよくなりました。


まるで生まれ変わったかのように人生が好転し、

楽しくなりました。


もし、あなたが、以前の僕と同じような悩みを
持っているのなら、まずは、

 

天女入門(電子書籍)がオススメです。

 

 

池田義彦

 

 

 

PS

 
池田総店長の「つぶとBoku」(メルマガ)では
 
・楽チン子育ての秘密
・つぶつぶ料理術
・スリムで快適ボディーの秘訣
・耕す暮らし大公開
・夫婦関係について
などをテーマにお届けしています。
 
特典
・未来食カフェレストラン TUBU TUBU(東京都早稲田)で使える
 クーポンを定期配布
・初回登録時に
【夫と子供たちが喜んで食べるベジタリアン料理の秘訣】
をプレゼント(全8回・メールで配信・レシピ付き)
 
↓ ↓ ↓
 
 
 

 

 

 

From:池田義彦

山形県小国町の自宅より、、、

 

こけアート

(近所の小川苔や植物が生い茂る岩一小国町大石沢) 

 

 

先日、渋滞にはまって、帰りが遅くなり、

蕎麦屋に立ち寄ることにしました。

 


車を駐車場に止めて、頭を上げてキョロキョロと

周りを見渡しながら、飲食店街を歩いていました。

 

 

しばらくすると、誇り高げに掲げられた

「手打ち蕎麦」の看板、期待感を膨らませて

暖簾をくぐります。

 

 

店内の傍らにはガラスで仕切られた、

蕎麦打ちスペースが設置されていて、

本格的な雰囲気に胸がさらに高鳴りました。

 

 

メニューもシンプルで、蕎麦への思い、

こだわり感がよく出ています。

 

 

ざる蕎麦の大盛りを頼みました。

 

 

そして、

まずは、蕎麦だけをすすると、

 

「あれ?」

 

「のどごしや食感はいいのに、風味が弱い!」

 

「あちゃー」

 

嫌な予感がして、めんつゆを舐めると

想像通り、甘い、、、、

 

 

こんな失敗したことあなたにもありませんか?

(まあ、醤油は持参しているので、なんとかしてますが、、、)

 

 

麺の味わいが弱い分、めんつゆでそれをカバーしようとする。

 

 

そうなんです。素材があまり良くない分、調味料でカバー

しようとしてたんですね。

 

 

一方、素材にまでこだわる蕎麦屋さんは

塩とキリッとスッキリしためんつゆを出してきて、

 

「どちらで召し上がられても美味しいですよ。」

と自信満々です。

 

 

そういったお店は蕎麦だけで食べても美味しいです。

 

 

もしこの蕎麦に変に味や調味料が

付いためんつゆで食べたら台無しです。。。

 

 

そして、これは、

つぶつぶ料理も同じことが言えます。

 

 

つぶつぶ料理とは、

「素材の味を最大限活かす」料理でもあります。

 

 

素材とはもちろん、穀物や野菜の持っている美味しさのこと。

 

 

素材の味を活かして、最高の料理を作る技術です。

 

 

決して、素材が何なのか曖昧にして、

調味料で誤魔化すレシピはありません。

 

 

さらにいいことは、誰にでも比較的短時間で、

簡単に身につけられるということです。

 

 

こだわった蕎麦屋さんは

まず、いい素材を集めるところから入ります。

 

 

そして、その素材を最も活かす調理法を編み出すために

試行錯誤に入ります。(場所によっては10年かかった

というところもあるくらいです。)

 

 

そして、レシピが確定して、調理に入ります。

 

 

そうです。

 

 

おいしさのポイントは

 

・いい素材を集めること

 

・素材を活かすこと

 

一方、素材が微妙なら、、、

 

 

一生懸命調理を頑張って何とか「ごまかさなければ」いけません。

 

 

つぶつぶも同じようにこのおいしさの

ポイントを踏まえています。

 

 

ただ、さらにいいことに、、、

いい素材はすでに取り揃えられている。

 

 

誰もが唸る美味しさのレシピが確立されている。

 

しかも、3000種類以上

 

 

それを見て料理するだけ

ということになります。

 

 

最初の素材集めも素材を活かすレシピも確立しているので、

比較的短時間で、誰でも美味しく調理することができます。

 

 

もし、あなたが、つぶつぶ料理を作ったことがないというなら、

是非作ってみてくださいね。

 

 

一方、作ったことがあるけどうまくいかないことが多いという

のであれば、

2つの質問を確認してください。

 

・あなたが集めたその素材は別の素材が混じっていませんか?

 

・あなたの調理法はレシピに沿ってますか?

 

 

つぶつぶ総店長

池田義彦

 

 

PS

 

つぶつぶ料理教室は全国で開催しています。
https://tubutubu-cooking.jp

 

  

PPS

 
池田総店長の「つぶとBoku」(メルマガ)では
 
・楽チン子育ての秘密
・つぶつぶ料理術
・スリムで快適ボディーの秘訣
・耕す暮らし大公開
・夫婦関係について
などをテーマにお届けしています。
 
特典
・未来食カフェレストラン TUBU TUBU(東京都早稲田)で使える
 クーポンを定期配布
・初回登録時に
【夫と子供たちが喜んで食べるベジタリアン料理の秘訣】
をプレゼント(全8回・メールで配信・レシピ付き)
 
↓ ↓ ↓
 
 
 

 

 

【チラシ設置有料化のおしらせ】

2018年2月より、店内のチラシ設置を有料化とさせていただきます。

ご希望の方は、詳細をお問い合わせください。

 
【忘れ物の取り扱いについて】

当店では、お客様の忘れ物のお預かり期間は、翌月末までとさせていただいております。心当たりのあるお客様は、期間内にご連絡ください。

尚、お預かり期間及びお客様からご連絡いただいた忘れ物につきましては、大切に取り扱い、保管し、お客様からの連絡なく期間を過ぎた忘れ物につきましては、随時処分させていただきます。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

忘れ物に関する問い合わせはこちら

メール:waseda@tubutubu-cafe.net

(24時間受け付けております。)

電話:03-3203-2093

(営業時間内の対応となります。)

 

戻る

ログイン

戻る メニュー

カート

JTouch Mobile Extension for Joomla! 2.5 (c) 2011 - 2013 Griddy Designs, LLC